壁画チームはプロジェクトで対象とする壁画の最後の3セットの移送準備を始めました。カイロのエジプト考古学博物館にある壁画のための足場がエジプト人チームによって組み立て始められました。

その後、日本から壁画の日本人チームが到着し、エジプト人チームと合流して応急処置計画やこの段階で使用する材料や道具を決定しました。

応急処置プロセスは、移送中に遺物にダメージが生じないようにするため、展示されていた場所でチームによって遺物の脆弱部分の修復、強化が移送前に行われます。

壁画 についての投稿