10月14日(日)、大エジプト博物館(GEM)および大エジプト博物館合同保存修復プロジェクト(GEM-JCプロジェクト)は、様々な旅行代理店の日本語ツアーガイド向けにGEM-CCで勉強会とラボツアーを実施し、GEM-CCで行われている業務やプロジェクトにおける日本とエジプトの技術協力について紹介しました。

GEMのタレク・タウフィック館長によりGEMの紹介と詳細情報について説明があり、参加者からの質疑応答も行われました。GEM-CCの技術部長であるフセイン・カマル博士がGEM-CCの歴史と保存修復作業について、また、GEM-CCが稼動した2010年以前から日本とエジプトがどのように共同作業を行ってきたかについて発表しました。

その後、JICAのGEM関連プロジェクト担当者である坂本圭氏からエジプトにおけるJICAプロジェクトについての簡単な説明があり、なかでもGEMプロジェクトは日本がこれまでにエジプトに対して支援してきたプロジェクトとしては最大のものであると力説していました。GEM-JCプロジェクトの西坂朗子副総括からは、プロジェクトの説明および72点の対象遺物の移送や保存修復といった成果についての詳細な発表がありました。

GEM-CCのラボツアーを始めるにあたり、GEM-JCプロジェクト業務調整担当の盛山美砂子氏とGEMの国際関係部門メンバーより、旅行者と遺物双方の安全確保のためにラボ内で守らなければならない注意点やルールについてブリーフィングを行いました。フセイン・カマル博士が参加者をラボへ案内し、遺物の歴史や遺物に施された修復作業について説明し、最後にフセイン博士と参加者との間で行われたGEM-CCでの業務に関連した質疑応答をもってツアーは終了となりました。

参加者にはツアーは好評で、GEM-CCラボで行われている業務について感心した様子でした。このツアーによって私たちの貴重な遺産を守ることがいかに重要か、より多くの方々に知っていただければ幸いです。