GEM館長、GEM-JCプロジェクトマネージャーおよびプロジェクトオフィスメンバーより、新年のご挨拶を申し上げます。2018年は私たちにとってもGEM-CCの皆さんにとっても、すばらしい一年となりました。

 

このほど、プロジェクト対象遺物はすべてGEMに安全に移送され、遺物の保存修復計画はほぼすべて完了し、中には保存修復作業がすでに始まっている遺物もあります。これからエジプト人および日本人専門家によって、残った遺物の保存修復計画策定および作業に入る前の分析診断作業を続けていく予定です。

 

本プロジェクトが過去すべてのプロジェクトメンバーのご発展の一助となっていることを願い、また2019年もすばらしい一年となりますことを祈念して、新年のご挨拶に代えさせていただきます。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。