2018年11月29日、第3回合同調整委員会が大エジプト博物館(GEM)および大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)によって開催されました。

委員会では、GEMのタレク館長およびJICAエジプト事務所の松崎次長の指揮のもと、2018年の成果および2019年に向けての計画を協議が行われました。

会議はGEM-JCプロジェクトの中村総括による参加者全員の紹介の後、タレク館長、松崎次長そしてJICEの平川事務局長のご挨拶で始まりました。まず、GEMの保存修復技術部長でGEM-JCプロジェクトマネージャーのフセイン・カマル博士によるプレゼンがあり、GEM-JCプロジェクトの西坂副総括がプロジェクトの進捗について発表しました。続いて、木材、染織品、壁画の各チームの保存修復委員会代表者からの詳細な発表があり、プロジェクト対象遺物の進捗とともに今年直面した課題についても発表がありました。その後、JICAエジプト事務所の坂本氏より、GEMのためにJICAが実施している他のプロジェクトの概要説明を行いました。

最後に、プロジェクトの今後の活動計画について議論が行われ、委員会はプロジェクト対象遺物一覧表に新たな木製品を加え、移送および保存修復をプロジェクトのエジプト人および日本人メンバーが合同で実施することに合意しました。