最後の壁画3セットがGEM-CCに移送され、燻蒸の専門家が壁画チームと共に調査および進入生物等の除去作業を始めました。

まず、内部に生きた生物等の侵入がないかを検出するため、壁画はテント内に隔離されます。次に酸素に代わり窒素ガスが隔離テント内に充填され、燻蒸過程が始まります。

燻蒸後は、壁画が将来GEMに安全に展示されるよう、壁画チームによって各セットに最適な修復計画が実施される予定です。

 

壁画 についての投稿