日本人専門家を招き、使用された木材の種類を同定する調査が行われました。

 

古代エジプトでは様々な種類の木材が使用されていました。樹種の違いを詳しく調査するためには、木材の組織の断面を観察しなければなりません。木材組織が見えている箇所を探し、高倍率のデジタルマイクロスコープを用いて非破壊での観察を試みました。

 

今回は、木材の種類だけではなく、年輪の調査も行われました。各パーツの木材の年輪を調べることによって、ひとつの木材から作られたかどうか判断できます。