前回に引き続き、ツタンカーメンのベッドと戦車のX線写真の撮影・調査を行いました。今回は、デジタルX線透過撮影に加えて、従来の銀塩フィルムによるX線透過撮影も行われました。

 

デジタルX線撮影に必要なフラットパネルは、重くて厚みがあるため、狭い隙間に入らないことがあります。そこで、今回は、フラットパネルより薄くて曲げやすいフィルムを使用した撮影も行い、より細かい部分の内部構造を確認することができました。

 

本プロジェクトでは、最新のデジタル技術と、これまでの行われてきたフィルムの利点を使い分け、様々な文化財に対応した調査を行なっています。