GEM-CCの木製品ラボメンバーは、非破壊分析により以前の修復跡や劣化箇所がないかどうかを特定するため、高倍率電子顕微鏡を用いてツタンカーメン王の戦車の分析診断を続けています。

電子顕微鏡は、遺物に付着した裸眼では見えない表面の汚れの観察にも使われました。

この分析により、保存修復士は必要な保存修復処置や遺物の各部位をどのように修復すべきかを決定することができます。

木製品ラボメンバーはさらに、戦車の木材繊維構造の観察による樹種同定を行うため、可搬型の電子顕微鏡を使用しました。

重量のある木製品遺物を動かすことはとても複雑なプロセスであり、遺物を傷つける恐れもあります。よって可搬型顕微鏡を用いることでその非破壊技術により有益な識見が得られ、すばやく安全な分析が可能となります。