GEM-CCの有機遺物ラボメンバーは、2000倍までの高倍率が可能な電子顕微鏡を用いて染織品遺物の分析診断を実施しています。この分析により染織品の現状に関する情報を多く得ることができます。

分析の第一段階では、以前の修復跡がないかどうかを特定するため、遺物の表面のチェックを開始しました。

専門家はその後、電子顕微鏡を用いてステッチや繊維にとって異質な材料の状態を記録します。これらの異質な材料には塩、真菌および虫の死骸が含まれ、燻蒸過程の後でも繊維内に残っています。

チームは対象遺物を細心の注意を払って記録するため、新しく得られた情報をすべて分析します。