有機遺物ラボは、各遺物の内部マウント(台座)を製作するマウント工程を根気強く、予定通りに実施しています。この作業をすることで、展示・保管時に遺物を保護することが可能になります。

次にエジプトと日本の染織品チームメンバーが、それぞれのマウントの測定とトレースを行います。これによりマウント製作が確実にできていることを確認し、最終的なマウント型を測定通り正確に確実に作製することができます。

次にドキュメンテーションの工程に入り、美術品の3Dスキャニングを行います。これらの作業は今後美術館の全面開館前に必須な準備工程として、非常に重要な作業です。