GEMへのツタンカーメン王の天蓋の移送を完了しました。この天蓋はGEM-JCプロジェクトが移送する最後の遺物になります。このプロジェクトでは全部で72の遺物の移送し、保存をすることになっています。

エジプト人と日本人専門家は梱包から安全な輸送までの過程を完了させ、ツタンカーメン王の天蓋は6月20日に無事GEM-CCに到着しました。現在X線撮影等の非破壊的測定方法にて様々な調査が行われています。

移送前に、保存修復家はまず天蓋のコンディションを確認し、次に3Dスキャンをして3Dモデルを作製しました。最後にX線撮影を経て脆弱な部分を特定しました。こうすることによって移送時に脆弱部を十分に保護することが出来るからです。保存修復家は日本の和紙を使って、脆弱部やパーツの接合部に応急処置をほどこし、適切に梱包しました。これらは、GEMに遺物を安全に輸送するための重要なステップです。

無事に天蓋が移送されると、GEM-CCの中で保存修復専門家は荷を解くプロセスに入ります。これから、修復を始める前の診断と分析が始まります。