今回は携帯式の蛍光X線分析(XRF)機を用いて、壁画の表面の成分元素を同定する診断分析を行いました。マルチスペクトル画像分析から得られた情報をもとに、異なる色彩部分に直接非破壊式の蛍光X線分析を行い、壁画表面の顔料を特定しました。この分析結果は準備層(下塗り層)に関する有意義な情報をもたらしてくれました。遺物の保存状態を理解するだけでなく、さらなる考古学的知識を得るための研究にも役に立ちます。