壁画チームはセシェム・ネフェル壁画の修復処置を実施しました。

まず初めに、裏面の補強の為だけではなく、安全な保管や移動のために、壁画のプロトタイプ(原型)マウントを製作しました。次に、反対にひっくり返す際に壁画を安定化させるため、脆い箇所にシクロドデカンシートを適用し、表面と側面の強化を行いました。その後、壁画の裏面を調査し、XRF(蛍光X線分析)の必要性も含め、ベストな修復処置の方法を議論しました。

ド・モルガンによって発掘されたと思われる不明な墓からの壁画にも、同様に修復処置を行いました。