壁画チームの日本人メンバーである増田久美専門家が2月11日にエジプトに到着し、保存修復計画を確定させるべく、状態確認を詳細に行うためエジプト人チームとの打合せを開始しました。彼らは対象遺物の展示ケースを開ける作業を続けましたが、この作業には、エジプト考古学博物館の学芸員であるラニア氏、館長のサバ―氏、そして保存修復部長であるモアメン氏と博物館の修復家ら、そして言うまでもなくチーム間のコミュニケーションを補助してくれた通訳のアファーフ氏の協力が欠かせませんでした。

同チームは、最初の処置計画において基礎となる現状についてさらに情報を得るため、詳細な視覚的検査を行いました。

彼らからは、作業を続けられるという興奮と今後の作業に対する期待がひしひそと伝わってきました。

 

壁画 についての投稿