今週3月27日から、大エジプト博物館の染織品のチームは、石井美恵専門家、イマーン氏、ナグム氏とともに対象遺物のドキュメンテーションを行い、新たな保存修復作業についての議論と計画の策定を開始しました。石井専門家と染織品の保存修復チームは開館時までに作業を終えるために、保存修復作業に関する新たなスケジュールを立てました。また、日本の専門家はエジプトの専門家とともに遺物と素材について作業の進捗状況を確認しました。