5月8日、ツタンカーメンに関する会議が大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)で開催されました。様々な国から多くの専門家がこの会議に参加し、保存修復センターの成果についての興味深い講演もありました。タレク館長とフセイン博士が、会議参加者に歓迎の挨拶をし、その後、メドハット博士、岡田専門家、河合専門家が木製品の対象遺物および木製品保存修復チームによる成果について講演しました。

染織品保存修復チームのナグム氏もまた、ツタンカーメン王の染織品コレクションについて、そしていかに作業において苦労したか、そして作業を終えるためにかかった時間について講演しました。参加者は専門家らによる講演にとても興味を示していました。作業や遺物を見学できる保存修復センター見学ツアーも実施しました。