壁画チームの増田専門家と成田専門家は、5月初旬にマフムード・ヘルミー氏ら壁画チームのエジプト人専門家らとともに、カイロ・エジプト考古学博物館からGEM-CCへの移送のための準備として、対象遺物にパルプ紙とシクロドデカンを用いて脆弱箇所への応急処置を開始しました。

3点の対象遺物である壁画への応急処置を終えた後、移送チームは壁画を壁から外して降ろし、梱包し、安全な移送のための準備を開始しました。

5月31日に、壁画は大エジプト博物館保存修復センターに無事に移送され、壁画チームの増田専門家と橋爪専門家、そしてエジプト人専門家らが準備した特別な土台に置き換えられました。

壁画 についての投稿