本プロジェクト対象遺物のスネフェル王のレリーフの移送が完了し、GEM-CCへ到着しました。作業のプランニングは2月に日本通運の日本人専門家と共同で行い、移送はエジプト人移送チームのみで実施しました。

 

レリーフは、スネフェル王の屈折ピラミッドの河岸神殿で1952年にエジプト人考古学者アハメド・フェクリーにより発見され、その後、ギザ台地にあるエジプト考古省の倉庫に長年保管されていたものです。ピラミッドの河岸神殿のレリーフでは現存する最古のもので非常に重要な考古学資料であるため大エジプト博物館にて適切な形で展示、公開されることが強く望まれます。

壁画 についての投稿