10月に予定されているツタンカーメン王の儀礼用ベッドと戦車のフォロー遺物の移送に向けて、エジプト考古学博物館で木材保存修復チームが応急処置を、また、ドキュメンテーションチームが3Dスキャンによる記録作業を開始しました。

今回の3Dスキャンは、ドキュメンテーションチームのアブド・エル=ラボ、アハマド・アーデル、アミーラ・オスマーンが、JICAエジプト事務所が調達したエヴァとスパイダーの2機種の可搬型3Dスキャナーの操作を習得し、操作を行いました。

木材保存修復チームのアブド・エル=ラボ、アリ、ラーミは、観光客が興味深そうに見つめる中、移送のための応急処置として和紙で脆弱な部分に表打ちをする作業を実施しました。