11月28日、GEM-CC近隣の会議室にて第2回合同調整委員会が開催されました。

会議はタレク館長の挨拶で始まり、GEM-JCプロジェクトへの政府の関心は高く、考古大臣はGEM建設プロジェクトとGEM-JCプロジェクトの進捗状況をいつも気にかけていると述べ、会議出席者全員に感謝を伝えるとともに、すべての参加者にとって実り多い会議にしたいと開会の辞を述べました。

 

JICAエジプト事務所を代表し、松崎次長よりプロジェクトが順調に進捗していることに関して関係者へ謝意を示し、会議の目的がプロジェクト活動の進捗状況を確認することであると話されました。

 

最後に、プロジェクトの中村総括が参加者全員のプロジェクトへの貢献に感謝の意を述べ、プロジェクト期間の残りの期間も継続的な協力が続くように願いを述べ会議を開始しました。

 

会議では、フセイン博士が過去数年間の活動と計画されている作業手順について発表をしました。