7月11日(水)、大エジプト博物館合同保存修復プロジェクトの修復専門家とプロジェクトオフィスメンバーとで調達マネジメントの重要性に関して協議するための会議を実施しました。各ラボの在庫チェックや材料の発注、輸送期間等に関する調達プロセスについて、このチームで協議しました。材料がGEMに届くまでにどのくらいの期間がかかるのか、また、特殊で専門的な材料を海外から輸送する際に直面している課題をどのように乗り越えられるかについても話し合いました。保存修復に必要な重要な材料の発注に関しては今後も協力を続けていく必要があります。今回の会議を通じて、大エジプト博物館保存修復センターが世界における保存修復機関の中心のひとつとなる、というプロジェクトの上位目標を達成するための一助となることを願っています。