6月20日、GEM-CCへツタンカーメン王の天蓋が無事に運び込まれました。GEM-JCプロジェクトでは、全部で72点の遺物を移送し保存修復することになっており、この天蓋が同プロジェクトで移送する最後の遺物となりました。

移送前、まず日本とエジプトの専門家が天蓋の状態を確認。次に3Dスキャンをして3Dモデルを作製しました。最後にX線撮影で脆弱な部分を特定しました。こうすることによって移送時に脆弱部分を保護することが出来るからです。専門家たちは日本の和紙を使い脆弱部分やパーツの接合部に応急処置をほどこし、適切に梱包しました。移送前のこれらの作業は、GEM―CCに遺物を安全に輸送するための重要なステップです。

現在、移送された天蓋にX線撮影等の非破壊的測定方法による様々な調査が行われており、その後修復作業が始まる予定です。