3月27日から、エジプトと日本の専門家らは、タハリール広場のエジプト考古学博物館に展示されているツタンカーメン王の戦車とベッドを大エジプト博物館に移送するための準備作業を開始しました。メドハット博士と岡田専門家はドキュメンテーションチームおよび木製品保存修復チームとともに、これら2点の遺物について状態確認と応急処置を行いました。大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)に到着するまでこの2点が安全であるように、遺物の脆弱な箇所を和紙で表面補強しました。

また、エジプト考古学博物館では対象遺物のX線透過撮影も開始されました。松島専門家とエジプトの専門家らは、これらの遺物の脆弱な部分と構造を確認するため、新しい可搬型X線撮影装置を使用しました。これにより、移送中に脆弱な箇所に対して特別な注意を払うことができるようになります。