専門家の各チームはマルチスペクトル撮影という、遺物を赤外線や紫外線などの様々な波長を当てて撮影する技術を使用しドキュメンテーションと分析を進めてきました。こういった技術を活用することで特定の物質や化合物の有無を確認できます。例えば巧みな職人技で作られたツタンカーメン王チュニックを分析し、装飾に使われた顔料の構成を調べることができます。この情報はチュニックの制作方法や染料を確認するために役立ち、新しい考古学的発見につながるかもしれません。また、GEMで展示される前の今がこのような分析を行う最後のチャンスになるかもしれません。

当プロジェクトのチームは広い視野を持って、既存の研究を参考にしながら、染織品に対して効率的だと思われる分析方法を積極的に採用しました。そして、必要な資機材を調達し、準備を整えました。

今は最終段階で、今後、分析結果を解析し、論文などにまとめていきます。分析の結果を活用し、考古学的研究を充実していくことを心待ちにしています。