2020年2月6日に第4回合同調整委員会(JCC)が開催されました。当委員会では、GEMとその周辺の上位責任者であるアテフ少将が委員長を務め、GEM-CC、JICA、JICEのステークホルダーが出席し、協議が行われました。まずは、考古学関連部門部長のエル=タイエブ・アッバース氏が展示にかかる作業の進捗を報告しました。続いて、プロジェクト・マネージャーのフセイン・カマール氏がGEM-CCにおける対象遺物への修復作業の最新の進捗状況について発表しました。更に、保存修復・移送業務執行部長のアイーサ・ジダーン氏がGEMへの移送活動について述べました。

この年に一度の会議では、プロジェクトの今までの活動を振り返って進捗を確認し、来期に向けての計画を協議し決定していきます。本来計画されていたプロジェクト実施期間は2019年11月まででしたが、対象遺物を良い保存状態で維持するために、GEM-CCから展示室までの移送や展示ケース内での設置など展示関連の追加の活動を支援することが決まりました。したがって、プロジェクト実施期間も一年延長すると決まりました。

加えて、西坂氏がPDM改正版4を報告しました。提案された主な活動には、対象遺物をGEM-CCからGEMの展示室まで移送し、展示ケース内に設置するなどの梱包・移送における協力の継続が含まれます。移送のスケジュールはGEMのスケジュールに合わせて進め、これまでと同様の枠組みの中で、合同で作業を実施する予定です。

今回のJCCをもって、PDM改正版4が確定し、また一年間で、対象遺物のGEM-CCからGEMの展示室への移送と展示ケース内での設置も合同で実施することになりました。この期間での技術協力には、展示においてもプロジェクト成果を視覚化することや、GEM-CCの持続性を強化するための活動も含まれることになりました。また、これと並行して、これまでのプロジェクトの成果を、論文、発表、報告書などの形でまとめて学術的な貢献も果たせるように取り組んでいきます。