GEM-JCプロジェクトでは、プロジェクト期間中にドキュメンテーションと分析を進めるにあたり、大きな役割を果たすことになる重要な分析機器としてX線透過撮影装置、電子顕微鏡、可搬型3Dスキャナーといった3台の機器を備え付ける予定です。

通関のため若干の遅れはでたものの、なんとか3月14日には装置が到着しました。

3月20日から、高知大学准教授でX線撮影の免許をもつ松島朝秀専門家が装置の部品を検査し、完全な機能を保証するためのテストを行いました。

設定が完了したのち、松島専門家はX線装置を使用する際の基本的な安全上の注意について講義を行い、続けて分析対象に関する有意義な情報とデータを得るための装置の使用方法について説明しました。10人以上のGEMの修復家と科学者が強い熱意と関心を持って講義に参加しました。

さらに3月22日には、現在エジプト考古学博物館で展示されている鉛を含む遺物(戦車とベッド)を分析するためにこの装置を使用するにあたり、作業者や観察者の安全を確保すべく、桐野専門家がX線使用時の安全上の注意事項と測定方法を詳しく説明する講義を行いました。

 

 

 

未分類 についての投稿