X線、電磁波レーダー、デジタルマイクロスコープを使用し、分析診断チームとドキュメンテーションチームが壁画を調査しました。見た目ではわからない内部構造を現代の科学技術で調査するために、X線撮影機とデジタルマイクロスコープをプロジェクトのために揃えました。デジタルマイクロスコープを使えば壁画に使われた顔料を非破壊で観察することができ、X線撮影の結果からは内部に隠れている泥レンガの目地の間の隙間など目に見えない部分を確認することができました。エジプト考古学博物館では電磁波レーダーを使って外からは見えない壁の空洞などの弱い箇所を調べました。

壁画 についての投稿