2017年9月3日~9日のICOM-CCコペンハーゲン大会では、GEM-CC所員による発表5本が採択されました。このうち、フセイン・カマル、ヌール・バドル、サイード・マンスールの3名は、東京藝術大学国際文化財修復プロジェクト室の支援で、メドハット・アブダッラーとアハマド・アブド・エル=ラボの2名は、ゲッティ財団国際プログラムのICOMーCC参加補助金を獲得して参加しました。その他の日本人専門家による個人研究の発表等も含めると、5名の日本人プロジェクト関係者がコペンハーゲン大会に参加し、以下の発表が行われました。

 

◆ポスター発表

・アハマド・アブデル=ラボ氏:Rotated axial stage tool for documentation of the pharaoh Tutankhamun ´s decorated sticks”

・ヌール・バドル: An Interpretation of the Fourth (Innermost) Shrine of King Tutankhamen Using Digital X- Radiography

・フセイン・カマル氏: Impact of Previous Chemical Treatments and Environmental Conditions in Storage on Miniature Hoes Discovered from Tutankhamen’s Tomb by Interpretation of Analytical Results.

・サイード・マンスール: Evaluation of Synthesized Poly (EMA/MA) /ZnO Nanocomposites Used for Protecting of Calcareous Stone Monuments of Ancient Egypt

・メドハット・アブダラー氏:The applications of Multi Spectral Imaging and Reflectance Transformation Imaging for an ancient Egyptian polychrome wooden stele

・岡田靖専門家:Wood conservation training course at the Grand Egyptian Museum Conservation Center by the Japan International Cooperation Agency (2011-2016)

◆口頭発表

・石井美恵専門家: Developing fabrics for textile conservation made with traditional techniques within the cultural property preservation policy in Japan.

・松田泰典専門家: Development of multi-spectral RTI system aimed at evaluation of process of varnish cleaning.

三年に一度のこのICOM-CC大会に発表が採択されるには、厳しい審査があり、年々狭き門となってきています。GEM-CCから多くの発表が採択されたのは非常に光栄なことです。GEM-CCが文化財保存修復・研究の中心的機関として、今後もGEM-CCの専門家が国際的な権威ある学会での発表数を増やしていくことが期待されます。

最後に、大会参加に際してご支援くださった東京藝術大学国際文化財修復プロジェクト室およびゲッティ財団国際プログラムに深く感謝いたします。

アブストラクトはICOM-CCのHPに公開されており、 こちらから閲覧いただけます。