7月~8月にかけて、日本人専門家の増田専門家と成田専門家とともに、ヘルミー氏をチームリーダーとし、サイード氏、アハマド氏がコーディネートする壁画チームが、壁画のフォロー遺物の状態調査をカイロのエジプト考古学博物館で実施しました。壁画チームでは、グループ全員が共通認識を持って調査を実施できるよう、事前に洗い出した損傷等の項目を基に、ヴィジュアルグロッサリーを一緒に作成して利用しました。OHPシートに手書きで書き込む方法をとり、後にスキャンしデータ化をしていきます。この作業は保存修復作業につながる最初の重要な一歩です。暑い中での作業でしたが、学芸員のラニアさんの協力もあり、グループのほぼ全員が参加し、作業を行えたことは、これからの活動への布石になります。

GEM-CCでは5月に移送を終えたリード遺物の状態調査図を再チェックする作業もおこないました。

 

 

壁画 についての投稿