対象遺物がGEM-CCに到着し開梱が行われると同時に、虫害の痕跡がないか、殺虫チームが丹念にチェックして、その後の対応を決定します。もし、殺虫処理が必要と判断された時には、すぐに殺虫のプロセスに入らなくてはなりません。

今回のフォロー遺物であるツタンカーメン王の儀式用ベッドについては、殺虫チームの判断のもと、無酸素燻蒸による殺虫を実施することになりました。日本人専門家も協力して、エスカルという特別なフィルムで厳重に密閉したテントを殺虫ラボ内につくり、その中に酸素吸収剤(RPシステム)と窒素を入れて酸素を下げる処置が取られました。殺虫処理は、殺虫チームリーダーのマンナール氏のモニタリングのもと、2週間続きます。

その他の染織品の対象遺物も同様に、エスカルフィルムと酸素吸収剤(RPシステム)を使用して処置を行うことになりました。