可搬型3Dスキャナーを使用して、GEM-CCに移送されたツタンカーメン王のベッドと戦車の移送後のドキュメンテーションを行いました。また、取得した計測データは、コンピューター上でのデータ処理が必要です。日本人専門家の大石専門家や影澤専門家からエジプト側メンバーへの技術移転を図り、写真のような3次元計測データが得られました。

 

壁画のリード遺物についても、3次元計測が行われました。彩色表面の付着物による凹凸や亀裂、背面の現在の形状や過去の修復の状況などが記録されました。