各専門家の活動で、殆どの対象遺物、特に最初に実施される予定だったリードの対象遺
物の細かい保存修復作業が無事に完了しました。これを受けて、保存修復が終わった対
象遺物は順次、写真撮影が実施されました。高画質な写真は、考古学的記録として保管
され、長年に渡りその役割を果たしていきます。撮影した写真は修復前と修復後の状態
を確認するのにも使われるため、微細な部分まではっきりと捉え、今後の研究にも活用
されることが期待されます。

日本人プロカメラマンの撮影専門家によって修復前の画像と同じ構成を再現するように
撮影条件が設定されました。同じ写真構成なら遺物の修復前後の状態を比較確認しやす
く、精度も高くなります。更に、日本人専門家はエジプト人修復専門家と共同で作業を
進めて技術移転を図り、エジプト人専門家が残りのフォロー対象遺物も同様に撮影でき
るように努めました。

約一ヶ月に渡って専門家たちは写真撮影を継続した結果、貴重な遺物の高画質な写真撮
影によるドキュメンテーション作業は終わり、木材のリード対象遺物、染織のリード対
象遺物、壁画のリード対象遺物の修復プロセスが完了しました。
その他のフォロー対象遺物の写真撮影によるドキュメンテーションはエジプト人専門家
が継続して行う予定です。