対象遺物が展示できる状態とみなされるには修復後の写真撮影によるドキュメンテーションが、修復ラボで行われる修復処置工程の最終段階になります。日本人専門家はエジプト人専門家と合同でリード対象遺物のドキュメンテーションを完了させ、その協力過程で、今後の撮影作業で一貫して使われる技術や方法を確定させました。その技術を活用し、フォロー対象遺物の写真撮影ドキュメンテーションは、エジプト人専門家がすべて行っています。

修復が終わったフォロー対象遺物の状態を記録する細かいドキュメンテーションを数週間に渡り入念に行ってきました。そしてまもなく、ツタンカーメン王の戦車とベッドを含むリード対象遺物、フォロー対象遺物がすべて展示できる状態に準備が整います。

さらに、ドキュメンテーションの過程では、新規のメンバーも作業に参加して、様々な機材や撮影方法を体験する機会になりました。こういった技術移転は、今後、類似の遺物を扱う際にきっと役に立つでしょう。