GEM-CCの保存修復家は、ツタンカーメン王の染織品のマルチスペクトル画像解析を行い、染織品の状態や特質などのさらなる情報を収集しています。またこれらはドキュメンテーションとしても重要な情報となります。

マルチスペクトル画像とは、特定の波長帯の電磁波を記録した画像のことです。この解析をすることで、様々な遺物の波長帯ごとのスペクトル反射特性を把握し、さらなる詳細な情報を得ることが出来ます。例えば、ある遺物に対して、過去にどのような修復がなされたのかを特定したり、染料や染色などの生地の表面に残った化学的性質を調べたりすることも可能になります。

この画像解析はドキュメンテーションという意味合いだけにとどまらず、染織品に対する考古学的理解を深めることに繋がります。

これからどのような新しい情報が得られるのか、非常に楽しみにしています。