5月3日、エジプト人専門家らは、エジプト考古学博物館での作業に備え、新しい可搬型3Dスキャナーの使用に関する講義に参加しました。5月10日には、大石専門家、影澤専門家、そして鎌倉専門家(3D計測チーム)がカイロに到着し、アブド・ラブ氏、アフメド・アーデル氏、アミーラ・オスマン氏らとともに木製遺物への作業を開始しました。エジプトと日本の双方からなるドキュメンテーションチームは、木製品チームの岡田専門家とメドハット博士と協力しながら、エジプト考古学博物館にあるツタンカーメン王のベッドと戦車の記録を行い、大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)への移送前にこれら2点の遺物のドキュメンテーションを終えました。