5月17日から、エジプトおよび日本のメンバーからなる移送チームによってツタンカーメン王の儀式用ベッドと戦車の梱包が開始されました。

GEMにおける遺物の応急処置、梱包および移送の監督者であるアイーサ氏と日本通運の徳田氏、正田氏は、移送チームのメンバーとともに儀式用ベッドと戦車を展示ケースから梱包のために特別にデザインした箱に移し替えました。

5月23日、ツタンカーメン王の儀式用ベッドと戦車は、木製品の専門家らの補助を受け

 

ながらタハリール広場のエジプト考古学博物館から大エジプト博物館保存修復センターに移送チームによって移送されました。ハーリド・エルアナーニー考古大臣も、多くのエジプトメディアや海外メディアとともにこの大イベントに立ち会うため移送に参加しました。