2018年4月22日、GEM-JC プロジェクトチームは最後の戦車とベッドをエジプト考古学博物館から大エジプト博物館(GEM)へ移送しました。

GEM-JC プロジェクトチームは移送を始める前にタリハール広場のエジプト考古学博物館に通い、戦車とベッドの記録を取りました。記録作業の終了後、プロジェクトチームは状態調査を続け、その結果、エジプト考古学博物館のベッドの展示ケース内に虫がいた痕跡を確認しました。そこで燻蒸チームは、ベッドを大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)に移送する前に必要な場合には燻蒸を行うことも想定しながら注意深く隔離とモニタリングを行いました。

移送の前段階として、移送チームはベッドと戦車の梱包準備を始めました。はじめに、ベッドと戦車の梱包を行う前に保存修復士によって応急処置が行われました。しかし、エジプト考古学博物館の階段が狭いため、戦車を1階に下ろす安全な輸送経路を考え、日本通運の日本人専門家と一緒に1階に下ろして梱包を行いました。

GEM-JCプロジェクトはエジプト考古省と国際協力機構(JICA)との共同プロジェクトとして行われています。本プロジェクトは、エジプト人と日本人専門家が共同でGEMに移送して展示する予定となっている72点の遺物について保存修復の技術移転を行っています。72点の遺物はGEMの開館にとって重要でなおかつ技術移転に適するものから選ばれました。本プロジェクトは GEM-CCがエジプトにおける文化遺産の保存の中心的な施設として保存修復および研究活動を行い、GEMで適切に保存された遺物を確実に将来展示していくことを目標にしています。本プロジェクトは2016年11月に日本国際協力センター(JICE)と東京藝術大学のジョイントベンチャーとして始まり、約40名の日本人専門家が派遣されています。