2018年4月10日、GEM-JC プロジェクトチームによってツタンカーメンの4台目の戦車が大エジプト博物館へ移送されました。

 

戦車はこれまでルクソール博物館に展示されていたため、移送チームはエジプトの春に起こりがちな急な天候の変化に気を揉んでいましたが、遺物の梱包と安全な輸送のための綿密な計画を立て、戦車を大エジプト博物館(GEM)まで安全に移送しました。

 

 

春の休暇が終わり次第、大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)では戦車の開梱が行われ、保存修復が始まる前に診断分析がさらに進められる予定です。

GEM-JCプロジェクトはGEM、考古省、国際協力機構(JICA)による共同プロジェクトです。GEMに移送され、展示される予定の72点の遺物を対象に、エジプトと日本の専門家が合同で保存修復を行う技術協力を実施しています。対象遺物はGEMの開館にとって重要かつ技術移転に適したものを選別しました。プロジェクトの上位目標は、GEM-CCが将来GEMで展示される予定の遺物の適切な保存修復を行い、さらにはエジプトにおける文化遺産保存修復を行う中心的な機関として保存修復や研究活動を行っていくことです。

本プロジェクトは2016年11月に開始され、一般財団法人日本国際協力センター(JICE)と東京藝術大学(TUA)がジョイントベンチャー(共同企業体)を結成し、日本人専門家約40名を派遣して実施しています。