2018年3月から、大エジプト博物館合同保存修復プロジェクトのメンバーはツタンカーメン王の4台目の戦車をルクソール博物館から大エジプト博物館へ移送する準備を行ってきました。

 

ドキュメンテーションチームは初めに戦車の状態を調べました。まず、3Dスキャナーで戦車をスキャンニングしてから、戦車の脆弱な箇所に応急処置を施しました。これらの作業は戦車を大エジプト博物館に安全に移送するために必要不可欠なことです。

その後、移送チームによって移送のための戦車の梱包がルクソール博物館で始められました。

戦車の移送はまもなく行われる予定です。その後、梱包を解いて燻蒸した後に、木製品保存修復チームのメンバーが調査を開始する予定です。