壁画のリードの対象遺物のすべて、フォローの対象遺物のほとんどの診断分析が完了しつつあり、壁画チームは、XRF(蛍光X線分析)による残りのフォロー対象遺物の最終的な分析を実施しています。

今回の分析は小さい壁画の5点を主な対象にしています。発掘者の報告書によると、このうち2点はセシェム・ネフェルのマスタバから発掘されたものとされています。これらの壁画は2019年1月にEM(カイロ考古学博物館)から最後に移送された壁画です。

セシェム・ネフェルのマスタバは、ダハシュールのイニ・スネフェル・イシェテフのマスタバ周辺からド・モルガンにより発掘されました。セシェム・ネフェルは、王の書物の書記という役人で、おそらくイニ・スネフェル・イシェテフと同時代の人物と考えられます。(古王国時代、第6王朝初め頃)

この分析は、壁画に使われた顔料と壁画の下地の化学組成を確認することを目的としています。専門家たちは壁画の制作過程で使用された顔料を明らかにし、他の壁画との比較によって古代の彩色技法を理解することを目指しています。また、分析で得られた結果は、この貴重な遺物を長期的保存していくのに最適な方法を選択するために生かされています。

結果が待ち遠しいです。