当プロジェクトは対象遺物の保存修復において介入的修復処置だけでなく、予防保存処置を取り入れた保存修復を包括的を行っています。脆弱かつ繊細な染織品の対象遺物については、展示しながら長期的に保存できるようなマウントの計画と設計に多くの時間を費やし、3つのタイプのマウントをデザインしました。

プロジェクトでは、精巧な工芸技術で作られた対象遺物のツタンカーメン王の染織品のための特別なマンウントに製作を完了し、これらは展示にも使われる予定です。

こうしたマウントは訪問者にとって見やすいもので、古代エジプトの工芸技術の腕前を鑑賞できるようにするだけでなく、保存修復のための現代的な国際水準を満たすように作られています。マウントは内側と外側のそれぞれのマウントからなっています。内側のマウントは遺物の形状を保ち、化学的にも安定した状態に保ちます。外側のマウントは、周囲の温湿度変化による劣化などの外部的要素による劣化から守ります。

外側のマウントは日本の製作会社からGEM-CCへと長い旅を経て到着しました。発送の手順は2019年7月から始まり、今回のマウントの到着ですべてが揃いました。

遺物もマウントも、最終目的地であるツタンカーメン・ギャラリーに運ばれ、訪問者に公開されるまであと一足です。