プロジェクトのステークホルダーが一年間の延長を決定しました。これからは内部移送を支援し有効的な展示に貢献する活動を実施していく予定です。日本人専門家はプロジェクトの延長が決まってから一ヶ月も経たないうちにGEM-CCに派遣され、最終目的地であるGEMに対象遺物を如何に安全かつ有効に展示できるかを調査しました。

まずは木材ラボのエジプト人専門家と合同で対象遺物であるツタンカーメンの天蓋の付加的な展示方法を検討し、3Dスキャンのデータをどのように活用できるかを検討しています。専門家は展示シナリオに沿った提案を出すために展示ギャラリーへ足を運び、展示ケースの設置状況や現場の環境などを確認しました。その提案は、それぞれの遺物の考古学的な価値を担保、プロジェクトの成果も視覚化しながら、訪問者の体験を最大限に魅力的なものにするでしょう。

色々な難しい状況はありますが、状況が難しいからこそ、待ちに待ったGEMの開館の日を思い描いて、プロジェクトの関係者は活動を継続し、開館に向けてさらに貢献できることを楽しみにしています。