壁画の応急処置が完了し無事に保存修復センターへ移送されたので、専門家らによる壁画の調査と不要物を除去する作業が開始されました。燻蒸が終了し、いよいよ保存修復プロセスが始まりました。

壁画チームは現在、特別な修復材料で壁画の脆弱な部分をサポートする充填を行い、包括的な保存修復作業に懸命に取り組んでいます。

これらの材料は、壁画へのどんな逆化学反応も防ぐことを確実に保証するため、数多くの実験的研究を重ねた結果、慎重を期して選定されました。その後、亀裂に補強剤を注入する作業が始まりました。