ツタンカーメン王の染織品のマウント(台座)の製作が大エジプト博物館保存修復センターの有機遺物ラボで始まりました。現在、全過程の準備とドキュメンテーションが染織品保存修復の専門家らによって行われています。

ここ数日、染織品チームのメンバーは内部のマウント製作の準備を進めています。長期間対象遺物を保護してくれる酸を含まない材料を用いて、完璧にぴったりと合うマウントを作るため、各対象遺物の計測とトレースを行っています。

染織品チームは、まず、対象遺物を各遺物に適したマウントのタイプに分類し、次にオートキャドを用いて各対象遺物のマウントデザインのドラフトを描く工程を進めました。

現在、マウント製作の工程は順調に進んでおり、これらのマウントがGEMのオープニングのショーケースに並ぶのが楽しみです。染織品遺物を未来の世代まで見ていただくことができるよう、保存修復に適したマウントを用いて保護し保存していきます。