ツタンカーメン王の最後の葬礼用ベッドの移送後、紫外線(UV)および赤外線(IR)フィルターと光源を用いた遺物の技術撮像が大エジプト博物館保存修復センターの木材ラボのメンバーによって開始されました。

こういった撮影によって、遺物に対して過去に修復が行われたかどうかを明らかにすることができますし、また、遺物の色の判別などにも使用されます。この撮影は通常、他の分析方法とあわせて遺物にとって最適な修復計画を選択するために行われます。

葬礼用ベッドは大エジプト博物館合同保存修復プロジェクトの対象フォロー遺物のひとつで、2018年4月22日にタハリール広場のエジプト考古学博物館から大エジプト博物館へ移送されてきたばかりのものです。