4月にツタンカーメン王の第3の儀礼用ベッドがGEMに移送され、木材チームは修復計画に入る前にベッドのドキュメンテーションと分析を始めました。

はじめに、ベッドに修復が施された形跡がないかどうかを、UV(紫外線)フィルターやIR(赤外線)といった異なるフィルターや光源を用いて同定しました。

次にベッドの3Dスキャンです。この作業は通常、文化財の状態が移送の前後で変化していないかどうかを確かめるために移送の前後に行われます。

また、高倍率で拡大できるデジタルマイクロスコープを用い、ベッドの表面を観察、調査しました。